岡庭建設 安井blog

okkyasui.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 18日

引き続き あすべすとぉ!

引き続き、アスベスト問題。

先日のブログでは、
「我が家にも(借り物ですが・・・)、アスベストかも!?」
と、頭を抱えておりましたが、まず、何故アスベストが悪いのかを、
もう一度調べてみました。(今更ですが・・・^_^;)

アスベストは天然の鉱石繊維で、耐熱性、耐薬品性、絶縁性に優れ、
熱にも強く、磨耗にも強い、あまりの便利さに、3000種類以上の利用形態があるそうです。
中でも、輸入量の90%以上を建築資材として用いられてるとのこと・・・
アスベストの何が問題かというと、
私達の身の回りに、とってもっとってもたくさん存在するということではないでしょうか?
発がん性があると、言われても、どうやって身を守ったら良いのぉ~という事です。

悪性中皮種(肺の周りの胸膜や、腸の周りの腹膜にできるがん)という病気は、アスベストのみが病気の原因であると考えられていて、髪の毛の5000分の1という細さのアスベスト繊維を吸い込んだために、肺などにその繊維が突き刺さってがんになってしまうということです。その他の粉塵は肺に吸い込まれても、痰などと一緒に排出されてしまいますが、アスベスト繊維は非常に微細なため、排出されないとの事です。さらに、がんを発症しない「安全な濃度はない」とされているそうです。
ほんのちょっと吸い込んだだけで発症してしまうかもしれないということなのでしょうか?

ここまで来ると、天に祈るしかありません。

と、思っているところに、18日の朝日新聞の朝刊にこのような記事が↓
e0024943_0275472.jpg

アスベストに有害物質のフロンを混合させることで、微細な繊維質から、無害な粒状の別の物質に変える、「毒をもって毒を制す」という技術が開発されたそうです。

今後は、この技術の実用化と、医学の進歩を祈っていくことに致しました。

人気blogランキングへ一票を
[PR]

by okk_yasui | 2005-07-18 23:15 | 建材


<< 我が家のアスベスト問題      夏まつり >>